株式会社創和

TECHNOLOGY

加工技術

裁断加工・スリット加工

フィルムやテープ・スポンジなどの素材を裁断・スリット加工することができます。

 

加工環境はクリーンルームと通常環境があり、1Mを超える原反サイズの加工や±0.1mm~の高精度加工、ロール材のシートカット加工など、お客様の使用用途に応じた環境・加工方法でお応えします。

裁断加工・スリット加工

スーパーカッターでの高精度カット加工

スーパーカッターでの高精度カット加工

スーパーカッターは、上下する一本刃で、四角形状の製品を型無しで作成することができます。

フィルムやテープのような薄物加工から、3t厚のゴム板のような厚物、OCAテープのような非常に柔らかい素材まで対応可能です。

また、刃の入る高さを1μm単位で細かく調節することができ、単純な裁断加工以外にも
・1シートの中で、台紙まで全抜きと台紙に対してハーフカット を組み合わせる
・素材の途中まで、切込みを入れる
といった加工もできます。

寸法公差:±0.1mm~
加工環境:通常環境・クリーンルーム(クラス1000)

バーチカルカッターでの裁断加工

バーチカルカッターでの裁断加工

ウレタンフォーム、ポリエチレンフォーム、ゴムスポンジなどの軟質発泡体を裁断加工することができます。

1Mx2Mなどの大きな原反をカットできることが最大の特徴で、
・大型のスポンジにテープを貼り合わせて100mm角にカットする
・10mmx1Mのように細長い形状に裁断する
・1枚の大きな原反から、複数種類の形状を切り出す
というように、自由な寸法にカットすることができます。

プレス加工とは違い、型が不要でなのでイニシャル費用がかかりません。
また、小ロット生産にも対応しています。

この他、厚物ウレタンスポンジのR加工(100mm厚の直方体スポンジの角をR形状にカットする)という、独自の加工技術を開発した実績もあります。

最大加工サイズ 1,050mm x 2,000mm
最大厚 200mm
寸法公差:±1mm~(カット寸法にもよりますので、詳細はお気軽にお問い合わせください。)

ロール状のフィルムカット加工

ロール状のフィルムカット加工

フィルムの原反ロールの長さだけカットして、シート状に仕上げる加工が可能です。
ロール状のテープやフィルム同士を貼り合せ、シート状にカットし、仕上げる加工も得意としています。

最大1,400mm幅という広幅のロール材をセットすることができるため、平板加工用にロール材をシートカット(段取りカット)する場合にも使用されます。

加工環境:クリーンルーム(クラス1000)

加工事例

弊社に関するご不明な点、製品についてのご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

03-5937-2011

平日9:00~17:30

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お問い合わせ