株式会社創和

CASE EXAMPLE

加工事例

ピックアップ

光学用OCAテープのオフセット加工

POINT!

独自の加工方法で光学用OCAテープのオフセット形状を作ることができます。
歩留まり向上や糊ダレ改善など、メリットのあるご提案が可能です。

光学用OCAテープは、OCAをセパレーターと面一で抜き加工すると歩留まりは向上しますが、端面の糊ダレという問題が発生し、貼り合わせ作業で問題が発生してしまいます。
そのため、台紙セパレーターを製品部分よりも大きくするシート納入をするのが一般的ですが、その分OCAの歩留まりが落ちる、という問題点がありました。
その両方の課題を解決する方法として、OCAとセパレーターに微量のオフセットを作る「OCAテープのオフセット加工」を独自開発しました。

【OCAオフセット加工の特長】
1)簡易包装による単体バラ納入の実現
2)歩留まりUPによる生産性の向上
3)糊だれの改善
4)副資材削減によるコストダウンの実現
5)貼り合わせ冶具不要によるコストの削減

その他の加工事例

image

OCAのオフセット加工とは

抜き上がり後の外形形状の粘着剤を上下セパレーターより内側にある状態に加工することを「オフセット加工」と呼んでいます。
OCAの種類によって、オフセットの寸法は異なりますが、最大で100μmまで実績があります。

使用材料 OCA
加工方法 精密抜き加工

image

OCAオフセット加工製品のメリット

①セパレーターとOCAの間にオフセットがあることで、セパレーターを剥がす際の連れ剥がれリスクが下がります。
②通常(オフセット無し)だと必要な梱包材(合紙など)が不要になりコスト削減になります。
③後工程の貼り合わせの際に、治具への糊の転写がなくなるため、治具の清掃不要となりコスト削減になります。

使用材料 OCA
加工方法 精密抜き加工
ラミネート
使用している素材

弊社に関するご不明な点、製品についてのご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

03-5937-2011

平日9:00~17:30

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お問い合わせ